1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F104製作

お疲れです

さてぼちぼちとF104の製作を始めてますが、個人的にはダイレクトドライブのF1はすごく久しぶりです。
前回作って走行させたのは○ミヤのロードウィザードF1?だったので20年以上前?

当時は今のような知識もなかったんですが、良く走った記憶はあります。
それを思い出させてくれるかはわかりませんが、楽しく走ることに期待したいところ。

それでは簡単なレポを。

今のところここまで作成してます。
f10400.jpg

説明書で言うと3番目までなのでゆっくりですね(笑)

メインシャーシは毎度の瞬間接着剤の剥離防止加工をしてます。
F10401

基本的には処理をする面全体を耐水ペーパーで慣らし、瞬間接着剤を綿棒なとで塗布し乾いてから面だしをペーパーで行うを2回から3回やってコンパウンドで磨くという自分では定番の方法でやってます。

とりあえずは今回は全くのノーマルの状態からスタートする予定です。

ここまで作成して気になったのはTバーとギヤボックス。

TバーもFRPの切り出しなのでバリが出ていることが多くシャーシとのフィッティングが悪くなりがちなので角を適当に取ってやればぴったりフィットするはずです。

それとF104はTバーとギヤボックスを固定するのにディフューザーを模したロアカバーで繋ぐ形になってます。
これのシャーシとの直角平行をどうやって出すかも重要かと。

確実な方法ではないかもですが、自分はしっかり押さえ固定してなんとか平行は出てるかな?という状態に。
ここまでは大きな問題もなく組みましたが、ギヤボックスが一番悩んでしまいました。

純正は全て樹脂製でネジを締めたら歪みまくりで・・・

説明書にも歪まないようにって書いてあるんですが、やっぱりアルミパーツ投入を前提の作り?
さすが○ミヤ?

結局ネジでタップを立ててしっかり押さえて組んで何とか歪みのない状態にしました。
実際はここが一番時間かかってます(汗)
ここは駆動系で重要な気がしたのでじっくりと組みましたからね。

これで問題ないかはこれからシャフトを入れてみないとちゃんと組めてるかはわかりませんが・・・。

だれでも簡単にっていかない作りに少し残念ですね(汗)

せめてカーボン混入の樹脂ならもっと組みやすいような気もしますが・・・

まあまたぼちぼち組んでレポします。


スポンサーサイト

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。